**************************************************************************
応援チームが勝てばお小遣いがガチで増える!!
購入後にオッズが下がらず還元率が高い!

日本語で24時間神対応サポート! ↓今なら最大約10000円のボーナスをゲット↓


**************************************************************************
この競馬の秘伝書が凄い!!
週末の競馬ライフをより熱く、スリリングなものにしたいなら、、、

**************************************************************************
憧れのマンUに加入…元ナイジェリア代表FWが「ドラマチックだった」移籍最終日を明かす
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200206-43477916-gekisaka-socc
イガロ2019アフリカ杯得点王.jpg

今冬の移籍期限最終日に上海申花からマンチェスター・ユナイテッドに加入した元ナイジェリア代表FWオディオン・イガロ(30)が「本当にドラマチックだった」と移籍の舞台裏を明かした。クラブ公式サイトが伝えている。

 ユナイテッドはイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが負傷により長期離脱。緊急補強が必要となったが、インテルにレンタル移籍中のチリ代表FWアレクシス・サンチェスは契約上、呼び戻すことができず、移籍期限最終日にイガロをシーズン終了までのレンタル移籍で獲得した。

 憧れのクラブに加入することが決まったイガロ。「最高に嬉しいよ。願いを叶えてくれた神様にお礼を言いたい。夢が叶った」と語ると、「僕はこのクラブを子どもの頃からサポートしていた。ナイジェリア時代の友達や、ワトフォードでのチームメイトたちもみんな、僕がユナイテッドファンだってことを知っている。それが今こうして現実になった」と加入を喜んだ。

 移籍期限最終日は「ドラマチックだった」という。前日に代理人から電話があり、興味を示している複数クラブの中にユナイテッドの名前もあった。イガロは「頼むから、もし可能性があるなら、どうかユナイテッドと話を進めて欲しい」と代理人に伝え、その時を待った。

 すると、上海時間の夜11時だった。代理人から電話があり、イガロに「ユナイテッドが交渉を進めたい」と話していることを伝えた。元ナイジェリア代表FWは、そこから通訳を探して、上海申花のダイレクターのもとへ行き、「僕のエージェントがあなたに話がある。ユナイテッドから照会がきているので、どうか実現させてほしい」と伝え、交渉が開始した。

 その夜は一睡もできなかった。なぜなら上海時間の朝7時に移籍ウインドーが閉まるからだ。その間にも他のチームから問い合わせが来ていたが、イガロは頑なに「自分が望んでいるのはユナイテッドに行くことだ」と念を押した。代理人からは、「そのためには減給になる」とも言われていたが、「そんなのはまったく関係ない。とにかくこの契約を実現させたい気持ちでいっぱいだった。どうしてもユナイテッドに行きたかった」と、その決意は固かった。

 その思いに応えるように、上海申花のダイレクターたちも引き止めることなく交渉を進めた。そして、朝5時。話し合いが完了し、代理人がすべての書類をユナイテッドに送った。ウインドーが閉まる1時間前には、書類の不備がないことが確認され、代理人から「決まった」と連絡があったという。

 念願のユナイテッド入りを果たしたイガロは「ものすごくうれしくて、すぐに母親に電話して喜びを伝えたよ。本当にドラマチックな展開だった。あまりに興奮して、その後も寝付けなかったよ」と興奮した様子で語った。



**************************************************************************
応援チームが勝てばお小遣いがガチで増える!!
購入後にオッズが下がらず還元率が高い!

日本語で24時間神対応サポート! ↓今なら最大約10000円のボーナスをゲット↓


**************************************************************************
この競馬の秘伝書が凄い!!
週末の競馬ライフをより熱く、スリリングなものにしたいなら、、、

**************************************************************************

“夢”実現のため減給を受け入れたイガロ「移籍を伝えたらママは喜んで泣いてしまった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200206-00010006-goal-socc

マンチェスター・ユナイテッドへ加入したFWオディオン・イガロは、移籍するために減給の条件をのんだと明かした。

今冬の移籍市場で、長期離脱中のマーカス・ラッシュフォードに代わるストライカー獲得を目指したマンチェスター・U。しかし、ジョシュア・キングらとの交渉は難航し、デッドラインデーの31日まで具体的な動きは見られなかった。それでも、市場閉幕間際になって、上海申花からイガロを期限付きで確保することに成功した。

そして、前主将のアントニオ・バレンシアが着用していた25番のユニフォームを纏うことが決まったイガロは『MUTV』で「とてもドラマティックだった。僕の代理人が前日に電話をかけてきて、マンチェスター・ユナイテッドからだと言ったんだ。僕はとても行きたくなった」と電撃移籍の経緯について話した。

「いくつかのクラブも興味を示していたけど、可能ならばユナイテッドを選んでって代理人に伝えた。上海の午後11時にユナイテッドが契約したいと代理人から聞いて、すぐに起きて、通訳と一緒にディレクター室のドアを叩いたんだ。そして“代理人が話しをしたがっている。ユナイテッドがオファーをくれた。これを実現させてほしい”って頼んだよ。それから、彼らは協議を始めた。結局上海の午前7時まで続いたからあの夜は寝られなかったね」

「彼はユナイテッドに行くためにはサラリーのカットが必要だと言ってきた。それに対して僕は“気にしない。この契約を成立させてくれ。ユナイテッドに行きたいんだ。いくらサラリーがカットされるかなんて気にしない。この契約を実現させてほしい”と言ったよ」

イガロの強い希望もあり、最終的にマンチェスター・U行きが成立。そして、ナイジェリア代表FWは、喜びのあまり母親に電話を掛けたようだ。その時の様子について「僕はとても興奮して、ママに電話したよ。そうしたら、彼女も喜んでくれて、泣き出したんだ。これがお前の夢だったから本当にうれしいと言ってくれた。本当にドラマティックだった」とも明かしている。

そして、夢のクラブ、マンチェスター・Uでのプレーに向けて「夢が叶った。多くの人がこのチームでプレーする夢を見ているんだ。ナイジェリアの人、(古巣)ワトフォードのチームメイトだって僕がマンチェスター・ユナイテッドを愛していることを知っている。マンチェスター・ユナイテッドとの対戦でもとても感情的になった。そして今、夢が実現した。とてもうれしいし、プレーできることを楽しみにしている」と喜びを語っている。

† Red Devils Manchester United 1427 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1580585034/

▼記事の続きを読む▼


Source: カルチョまとめブログ



**************************************************************************
応援チームが勝てばお小遣いがガチで増える!!
購入後にオッズが下がらず還元率が高い!

日本語で24時間神対応サポート! ↓今なら最大約10000円のボーナスをゲット↓


**************************************************************************
この競馬の秘伝書が凄い!!
週末の競馬ライフをより熱く、スリリングなものにしたいなら、、、

**************************************************************************
関連キーワード
  • “オール海外組”日本代表「ポジション争いの構図」 中島不在の影響、19歳久保の立ち位置は?
  • 日本人てW杯で優勝しちゃったらどーすんの?
  • 2020年10月2日の主な試合放送
  • 【サッカー】ベテラン岡崎慎司が日本代表に復帰 森保監督「チーム内でも結果出している」
  • マンC、フェラン・トーレス移籍後初ゴールなどバーンリーに3-0快勝!マンUはマタ1G1Aでブライトンに3-0完勝!エバートンはカルバート・ルーウィンが今季2度目のハットでウエストハムに大勝 英リーグ杯ベスト16
  • 【悲報】エメリ監督…久保さんを右サイドで使わないらしいぞwwww
おすすめの記事