**************************************************************************
応援チームが勝てばお小遣いがガチで増える!!
購入後にオッズが下がらず還元率が高い!

日本語で24時間神対応サポート! ↓今なら最大約10000円のボーナスをゲット↓


**************************************************************************
この競馬の秘伝書が凄い!!
週末の競馬ライフをより熱く、スリリングなものにしたいなら、、、

**************************************************************************
【サッカー】<小柄な選手世界歴代ベスト10>1位はマラドーナ、2位はメッシ、では3位は…? [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601288171/
小柄なサッカー選手.jpg

2: Egg ★ 2020/09/28(月) 19:16:39.56 ID:CAP_USER9.net

アルゼンチンにおける「マラドーナの影響力」
 マラドーナは偉大だが、身長は165cmしかない。貧民街に生まれ、家の周りの空き地がテクニックとアグレッシブさ、巧妙さ、即興性を学ぶ格好の学校だった。崇拝していた選手はリカルド・ボチーニ(168cm)。インデペンディエンテで《神童》と謳われ、スペースを見出して創造力に溢れるパスを繰り出すセンスは卓越していた。

「ディエゴは遺伝学的に他よりも優れている」とセサルルイス・メノッティが述べているように、ゴムまりのように柔軟なマラドーナの身体には、半月板も靭帯も備わっていないかのようだった。天性の才能と過剰な情熱は、他の誰よりもアルゼンチンの魂を表していた。1986年メキシコW杯でチームメイトだったホルヘ・バルダーノは、彼のプレーをこう評している。

「溢れる才能と際立った個性、耽美性、悪知恵と要領の良さ、勇気、ショートパス……。それがマラドーナだ」

 模倣によりテクニックが次の世代に伝えられるアルゼンチンのような国において、マラドーナの影響力は圧倒的だった。1990年代以降に輩出した数多の10番の選手たち――アリエル・オルテガやパブロ・アイマール、マルセロ・ガジャルド、ハビエル・サビオラらはいずれも多大な影響を受け、その遺伝子は最も完璧な形でリオネル・メッシへと受け継がれたのだった。

『お前はバルサの癌だ』とまで言われたシャビ
 2000年代の終わりにスペインは伝統的なプレースタイルときっぱり決別し、情熱的かつ歓喜溢れるスタイルに敢然と移行した。基本理念はシンプルなプレーで、超絶したテクニックと知性を持ち、コレクティブな意識の高い選手をチームの軸に据えた。彼らはスピードがあるわけでもなく、戦いにも強くない。多くは小柄で先を読む能力に長け、的確なプレーを心得ていた。彼らが試合のリズムをコントロールしながら、ボールを保持して攻撃を組織化する。それがスペインの新しいスタイルだった。スペイン代表とFCバルセロナの頭脳であったシャビは、レキップ・マガジン誌のインタビューでこう答えている。

「あるとき僕は『お前はもう古い、ここにはいらないし有害だ』と言われた。『お前はバルサの癌だ』とまで言われたんだ! 170cmに満たない選手は当時は考えられなかった」

 だがシャビは、考えるスピードが卓越していた。そして周囲で彼を支えたのが同様な体躯の中盤の選手たちであり、感覚的にも似通ったニセのセンターフォワードだった。彼らは時間と空間をコントロールして、流動的なパスワークから数的優位を作り出して相手のバランスを崩すのだった。

 この小柄な天才の系譜に入るのは、シャビの代替不能なパートナーを長く務め、同等の流れを読む能力を持つアンドレス・イニエスタであり、非凡なパサーであるダビド・シルバであり、フアン・マタやダビド・カゾルラ、ヘスス・ナバスであった。そして最も新しく加わったのが、ラ・マシアから今季プロに加入した169cm、56㎏のリキ・プイグである。

3: Egg ★ 2020/09/28(月) 19:17:00.42 ID:CAP_USER9.net

ブラジルサッカーが真似してきたガリンシャ
 作家のオリビエ・グエズは自身の著作《Eloge de l’esquive(『かわすことへの賛歌』の意)のなかでブラジルの悪党たちについてこう語っている。「穢れの王」は巧みにルールを欺き、DFたちと即興で戯れると。

「彼らはペテン師であり札付きのエゴイストであり挑発者でもある。ドリブラーこそは、サッカーにおける真の悪党だ」

 だが、同時に彼らは、ピッチの上の宝石でもある。

 ガリンシャのような特徴を備えた選手が他にいるだろうか。169cmの体躯。左脚は外側に歪み、子供のころに手術を受け短くなった右足は内側に歪んでいる。他の誰にも真似のできないドリブルは光り輝き、即興性に満ちていた。本能的なプレーはマリーシアに溢れ、フェイント(常に同じドリブルとフェイント――左に切り返すと見せて右に向かう――にもかかわらず、マークするDFは必ず置き去りにされた)はもちろんシミュレーションや悪意に満ちたプレーすら彼にとってはサッカーの一部だった。

 ブラジルサッカーはガリンシャの模倣者たち――巧に相手から身をかわしながら、グレイゾーンでマリーシアに満ちたプレーを仕掛ける選手たちで溢れている。多くはロビーニョのように単なる模倣に過ぎないが、なかにはロナウジーニョやネイマールのように、さらに高度なレベルに昇華させようと試みる(結果は失敗に終わるが)ものもいる。



**************************************************************************
応援チームが勝てばお小遣いがガチで増える!!
購入後にオッズが下がらず還元率が高い!

日本語で24時間神対応サポート! ↓今なら最大約10000円のボーナスをゲット↓


**************************************************************************
この競馬の秘伝書が凄い!!
週末の競馬ライフをより熱く、スリリングなものにしたいなら、、、

**************************************************************************

 ただ、誰もガリンシャほどに、ブラジルの民衆に心から受け入れられなかった。敢えてもう1人あげるならば、同じくファベイラ(貧民街)の出身で虚弱体質に生まれたロマーリオぐらいだろう。ただ、ロマーリオは、ガリンシャとは異なりすべての面で厳格さを保つことができたが……。

《小鳥のマネ(ガリンシャの愛称)》は人生を愛し、戦いと女性とサッカーを愛した。彼は自身をこう評していた。

「僕は人々に喜びを与えるために生まれてきた。そしてゴールをするために。僕がピッチに立つ理由はそれだけだ」

 彼のような選手は、サッカーが今後未来永劫続いても二度と現れることはないだろう。

4: Egg ★ 2020/09/28(月) 19:17:20.23 ID:CAP_USER9.net

あと10cm高かったらメッシはメッシになれていない
 もしも身長があと10cmか15cm高かったら、メッシは今のメッシには絶対になっていなかった。踝の柔らかさと初速のスピード、長短自在のドリブル、一度立ち止まって再び加速する際のモビリティ、足元にボールを置いたときの卓越した能力……。そうした身体的なプレーは、相手と対峙した際に最も威力を発揮し、屈強な相手も屈服させたのだった。その独創的で予測不能なプレーとゴール前の決定力。それらはすべて彼の特異な体型と低い視線から生まれたものではないのか……。

 ただ、アルゼンチンだけが、時間と空間を自由にコントロールできる小型アタッカーを独占しているわけではない。そうしたタイプはどの時代にもどこにも存在する。たとえば1967年のチャンピオンズリーグ決勝におけるセルチック・グラスゴーのインテル・ミラノに対する勝利は、ふたりの小柄なウィング、ジミー・ジョンストンとボビー・レノックスによってもたらされた。西ドイツの1990年W杯優勝は、トーマス・ヘスラー、ピエール・リトバルスキ、オラフ・トーンという3人の小兵なしにはあり得なかった。そして今、イングランドには、ラヒーム・スターリング(170cm)という世界で最も捉えどころのないアタッカーがいる。かつてポルトガルに、ルイ・バロシュ(159cm)という超小型アタッカーがいたように……。

爆発的なスタミナでサイドを支配したロベルト・カルロス
 小柄だからといって、エネルギーやアグレッシブさ、スプリント能力が劣っているとは限らない。むしろその逆で、相手のエースを容赦なく無力化したノビー・スタイルズやベルティ・フォクツ、エドガー・ダビッツらを思い浮かべることができる。彼らの系譜は、無尽蔵のエネルギーを脚に蓄えながら戦いを厭わず、ボールを狩り続けるマルコ・ベラッツィやエンゴロ・カンテに見ることができる。だが、かつてのビセンテ・リザラズやフィリップ・ラーム、今日のジョルディ・アルバ、そしてとりわけ全時代を通じてのロベルト・カルトスのような、爆発的なスタミナでサイドを支配するディフェンダーたちが、主役として脚光を浴びることはほとんどなかった。

 リザラズはロベルト・カルロスを「彼は後方からスタートする左ウィングだ」と評した。

 生来のアタッカーが守備を学び、マークの仕方を覚えてヨーロッパにやって来た。168cmの身体から繰り出されるシュートは力強く、プレーの加速とリズムの変化はまさに自在だった。サイドバックでありながら生涯に100を超える得点とアシストを記録したのは、まさに突出した才能だった。

5: Egg ★ 2020/09/28(月) 19:17:37.64 ID:CAP_USER9.net

「ボールを支配する10番」レイモン・コパ
 ミシェル・プラティニとジネディーヌ・ジダンが出現するまで、レイモン・コパ(168cm)がフランスサッカー史上最高の選手だった。ドリブルを得意とするウィングでありゲームメイカーでもあったコパは、本人の言葉によれば1列下がったセンターフォワードであり、チームメイトのミシェル・イダルゴに言わせれば、「ボールを支配する10番」であった。1952年生まれのアラン・ジレス(163cm)はこう語っている。

「彼は僕の子供時代の英雄だった。試合で僕はずっとコパであり続けた」

 コパの系譜はフランスサッカーの系譜でもある。1970年代のリヨンにおけるキエザとディナーロ、80年代のボルドーにおけるジレスとティガナ、ココ・スオドゥーにはじまりブランシェ、アミス、ペドロス、ジアニと続いていくFCナントの伝統、そしてコランタン・マルタンスとともに2冠を達成した1996年のAJオセール……。それはビカシュ・ドラソーやルドヴィック・ジュリ、マチュー・バルブエナ、とりわけフランク・リベリー(170cm)らを経て今日に至っている。

▼記事の続きを読む▼


Source: カルチョまとめブログ



**************************************************************************
応援チームが勝てばお小遣いがガチで増える!!
購入後にオッズが下がらず還元率が高い!

日本語で24時間神対応サポート! ↓今なら最大約10000円のボーナスをゲット↓


**************************************************************************
この競馬の秘伝書が凄い!!
週末の競馬ライフをより熱く、スリリングなものにしたいなら、、、

**************************************************************************
関連キーワード
  • 日本代表DF植田直通、フランス1部ニームにレンタル移籍が決定!初の5大リーグ挑戦へ(関連まとめ)
  • 【衝撃動画】メッシが相手選手に“衝撃ラリアット”で一発退場 4試合の出場停止処分の可能性も浮上
  • 2021年1月19日の主な試合放送
  • 【悲報】サッカー内田「この年になると(カズみたいに)後輩も強く言えない、チームの邪魔になるからやめた」
  • 京都FWウタカ、新型コロナ陽性…休暇中ドバイに滞在し空港検査で判明(関連まとめ)
  • スペイン人「フィジカルお化けだ」武藤嘉紀、今季3ゴール目!川島永嗣、3試合連続完封!MOMに推す現地サポも!【海外の反応】
おすすめの記事