**************************************************************************
応援チームが勝てばお小遣いがガチで増える!!
購入後にオッズが下がらず還元率が高い!

日本語で24時間神対応サポート! ↓今なら最大約10000円のボーナスをゲット↓


**************************************************************************
この競馬の秘伝書が凄い!!
週末の競馬ライフをより熱く、スリリングなものにしたいなら、、、

**************************************************************************
ヒュッター監督に続きボビッチ氏の退任も決定…フランクフルト、5月いっぱいでの契約解消を発表
https://news.yahoo.co.jp/articles/6e7f245e417448c94947e2af0b347454d4cf2595
ボビッチSD.jpg

長谷部誠や鎌田大地らが所属するフランクフルトは14日、強化担当のフレディ・ボビッチ執行役員との5月いっぱいでの契約解消で合意に至ったことを発表した。

元ドイツ代表FWのボビッチ氏は2016年にフランクフルトの執行役員に就任。鎌田やフィリップ・コスティッチなどの獲得、ミランとの間でのアンドレ・シウバとアンテ・レビッチのトレード移籍、ルカ・ヨヴィッチのレアル・マドリーへの売却、レンタルでの再獲得などを手掛けた現チームの構築にあたって中心的な存在とも言われる人物だ。

しかし現在49歳の同氏だが、以前から今夏の退団を明言。一時は2023年までとなっているフランクフルトとの契約を尊重する意向を示唆していたものの、ここに来て今季限りでの退任が決定したとのこと。クラブの公式ウェブサイトで過去5年間で「実現した成功を誇らしく思う。多くの変化を加え、多くを新たに築くことができた」と振り返りつつ、ほかの役員や現モナコ指揮官のニコ・コバチ監督やアディ・ヒュッター監督らに感謝を告げた。

フランクフルトは13日にヒュッター監督の今夏の退任、来季からはボルシア・メンヒェングラットバッハを率いることを発表していたところ。さらにブルーノ・ヒューブナーSD(スポーツディレクター)が今季を最後に退職することも決まっており、クラブはボビッチ氏が去ることでチームに最も近いフロント陣3人目を失うことになった。

なお、これまでチーフスカウトを務めていたベン・マンガ氏をプロ部門のチーフに引き上げることで、新たなSDを迎えない考えとされるフランクフルトだが、現地メディアではRBライプツィヒを1部上位に定着させたラルフ・ラングニック氏の招へいに動き出したとの報道が浮上。合意に至った場合、執行役員兼任監督としての就任と見られる。

「フランクフルトは崩壊する」と独紙予想 今季躍進も監督退任、主力に流出危機
https://news.yahoo.co.jp/articles/d93c07458ece0a003b6d4b45124756fad4d78529



**************************************************************************
応援チームが勝てばお小遣いがガチで増える!!
購入後にオッズが下がらず還元率が高い!

日本語で24時間神対応サポート! ↓今なら最大約10000円のボーナスをゲット↓


**************************************************************************
この競馬の秘伝書が凄い!!
週末の競馬ライフをより熱く、スリリングなものにしたいなら、、、

**************************************************************************

ヒュッター監督の退任決定、FWアンドレ・シウバやMFコスティッチ流出の可能性も指摘
 元日本代表MF長谷部誠と日本代表MF鎌田大地が所属するフランクフルトについて、ドイツ紙「ビルト」が「もうすぐフランクフルトは崩壊する」と題した記事を掲載し、来季はクラブの主要な顔ぶれが大きく変わり、それによって厳しい戦いを強いられる可能性があると予想している。

 チーム崩壊の最初の理由として最初に挙げられているのが、クラブ首脳陣の去就だ。13日にフランクフルトはアディ・ヒュッター監督の退任を発表。23年6月末まで残っていたフランクフルトとの契約を解消した同監督は、来季のドルトムント入団が決まった現指揮官マルコ・ローゼの後任を探していたボルシアMGの新監督に就任。同紙によれば、フランクフルト側には契約解消による違約金として750万ユーロ(約9億8000万円)が支払われるという。

 また、スポーツディレクターのブルーノ・ヒュブナー氏も任期満了で、今季終了後に退団することが今年2月に正式発表されており、さらに取締役兼スポーツ部門統括責任者のフレディ・ボビッチ氏にはヘルタ・ベルリンからオファーがあり、同氏はフランクフルトに退団の意思を伝えたともビルト紙は伝えている。

 そして主力選手が流出する可能性も指摘されている。

 今季リーグ戦26試合で23ゴールをマークしているポルトガル代表FWアンドレ・シウバ、チーム内アシスト数1位(14アシスト)のセルビア代表MFフィリップ・コスティッチに他クラブからオファーが来るのは確実な情勢で、さらにコスティッチに関しては3000万ユーロ(約39億円)以上のオファーが来た場合にはフランクフルトとの契約を解除できるとの条件が現在の契約書に含まれているため、ビッグクラブが獲得に動き出せば引き留めるのは難しいと見られている。

 昨年12月から調子が上向き、直近のリーグ戦16試合で12勝をあげる驚異的な勢いで順位を一気に押し上げ、現在4位につけているフランクフルトには、来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得(4位以内)の可能性も十分にある。しかし、そうした群を抜くハイパフォーマンスを見せていることで、その立役者であるクラブ首脳陣と主力選手が他クラブから引き抜きのターゲットとして狙われる状況になっているようだ。

Eintracht Frankfurt 鎌田大地 part11
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1616916890/

▼記事の続きを読む▼


Source: カルチョまとめブログ



**************************************************************************
応援チームが勝てばお小遣いがガチで増える!!
購入後にオッズが下がらず還元率が高い!

日本語で24時間神対応サポート! ↓今なら最大約10000円のボーナスをゲット↓


**************************************************************************
この競馬の秘伝書が凄い!!
週末の競馬ライフをより熱く、スリリングなものにしたいなら、、、

**************************************************************************
関連キーワード
  • 【悲報】冨安さん、アーセナルのチームメンバーからインスタでフォローされてもフォローバックをしないwwwwww
  • ベッカム氏が孫正義氏らを買収、インテル・マイアミの出資比率を高める
  • 岡崎慎司、初先発でPK誘発し同点弾演出!カルタヘナのルーゴ戦2-1逆転勝利に貢献!
  • 【動画】アーセナル冨安健洋さん、ついにベンホワイトにも認めて貰えるwww
  • 【J2第30節 東京V×新潟】新潟が鬼門アウェイで白星掴み2位と9差の3位に!鈴木孝司は積極的な守備から3月以来となるゴール奪う
  • 2021年9月20日の主な試合放送
おすすめの記事