*2022年7月11日現在 1ドル135円で計算 円安の今がお得!!

 

オンラインカジノ入金不要!登録だけでボーナスGETサイト紹介中

     

約4050円(30ドル)貰えるオンラインカジノ 【ベラジョンカジノ

◎【当サイト限定特典】◎ 登録と同時に自動付与で反映。 申請・コード不要。即プレイ可能

登録するだけで約4050円(30ドル)分貰えます◯

 

約4050円(30ドル)貰えるオンラインカジノ 【遊雅

◎【当サイト限定特典】◎ 登録と同時に自動付与で反映。 申請・コード不要。即プレイ可能

登録するだけで約4050円(30ドル)分貰えます◯

約6750円(50ドル)貰えるオンラインカジノ 【ボンズカジノ

 

◎【当サイト限定特典】◎ ◯登録するだけで約6750円分(50ドル)貰えます

約5400円(40ドル)貰えるオンラインカジノ ◎カジ旅◎

◎【当サイト限定特典】◎

登録後、「受け取る!」をクリックする 申請・コード不要。即プレイ可能

◯登録するだけで約6750円分(50ドル)貰えます◯

 

約4700円(35ドル)貰えるオンラインカジノ 【gambola】

【当サイト限定特典】◎ 登録と同時に自動付与で反映。 申請・コード不要。即プレイ可能。 登録するだけで約4700円分(35ドル)貰えます

 
約4050円(30ドル)貰えるオンラインカジノ 【インターカジノ】   ◎【当サイト限定特典】◎ 登録と同時に自動付与で反映。 申請・コード不要。即プレイ可能。 ◯登録するだけで約4050円分(30ドル)貰えます  
約4050円(30ドル)貰えるオンラインカジノ【ライブカジノハウス】 【当サイト限定特典】◎ ご登録手続き完了後に$30のボーナスを進呈登録するだけで約4050円分(30ドル)貰えます  
約4050円(30ドル)貰えるオンラインカジノ 【Cherry Casino】     ◎【当サイト限定特典】◎ 登録ページにに「入金不要ボーナス」のバナーが出てくるので、 「受け取る」をクリックすると受け取り完了登録するだけで約4050円分(30ドル)貰えます  
約4050円(30ドル)貰えるオンラインカジノ 【カスモ】     ◎【当サイト限定特典】◎ 登録するだけで入金不要ボーナス30ドル。 ◯登録するだけで約4050円分(30ドル)貰えます  
約1350円(10ドル)貰えるオンラインカジノ 【ミスティーノ】 ◎【当サイト限定特典】◎ 登録するだけで入金不要ボーナス10ドル。 ◯登録するだけで約1350円分(10ドル)貰えます  
     
スクリーンショット 2022-11-23 7.46.13

1: 2022/11/23(水) 04:26:16.15

THE ANSWER2022.11.22
https://the-ans.jp/qatar-world-cup/282264/

◆前回大会の3人から急増、背景にある大学サッカーのレベル向上
近年、大学サッカーへの注目が集まっている。というのも、Jリーグクラブのルーキーとして活躍する選手やチームの中心となる選手、そしてA代表の新星に大学出身者が増えたからだ。

例えば4年前のワールドカップ予選で、日本代表を本大会に導く重要なゴールを決めたのは山口蛍(ヴィッセル神戸)や井手口陽介(セルティック)ら、Jユースからプロの道へ進んだ選手だった。だが、今回のカタール・ワールドカップ(W杯)はどうだろう。アジア最終予選で4試合連続ゴールを決めた伊東純也(スタッド・ランス)や、出場権を獲得した敵地オーストラリア戦で2ゴールを記録した三笘薫(ブライトン)の名が上がる。

そしてカタールW杯本大会に挑むメンバーには、“大学経由”の選手が9人選ばれた。今大会の登録メンバー数が26人と、前回大会までより「3枠」増えているとはいえ、2002年日韓W杯以降では最多だった3人(02、10、18年大会)を大幅に上回っている(>>1998年フランスW杯メンバーの大半は高校卒業が93年Jリーグ創設以前の選手で、当時は大学進学が主流だったため11人を数えた)。

なぜ、今のタイミングで“大学経由”組が盛り返してきたのか。そこには様々な背景や理由がある。

1つは大学サッカーのレベル向上にある。サッカーをはじめとした「スポーツ」を売りの1つとして経営を進める流通経済大や東京国際大、4年連続で卒業生を川崎フロンターレへ輩出している桐蔭横浜大ら新興勢力が力をつけ、それに伴い中央大や筑波大、早稲田大といったかつての強豪が関東2部リーグに降格する時代となった。

結果として関東大学サッカーは群雄割拠となり、1部、2部ともに強豪がひしめく状態になった。その中で行われるリーグ戦の強度の高さや真剣勝負の度合いは年々高まっており、大学の選手たちが今まで以上にレベルアップしている1つの大きな要因でもある。この強度や真剣勝負のレベルは、プロに負けず劣らずと言っていい。

そして、その土壌づくりを牽引するチームとして、今年の関東王者である明治大や九州の雄・福岡大が挙げられる。

特に関東のレベルを引き上げている存在として、明治大の存在を語らずにはいられない。「運動量・球際・切り替え」の三原則をベースとして、スピード感や90分落ちない強度あるサッカーを展開しているが、それを担うのが、Jユースや高校サッカーで“うまい”とされていた選手たち。テクニックを備えた彼らがハードワークするからこそ、言うまでもなく強い。

◆Jリーグのルーキーより多くの公式戦を経験できるメリット
その明治大を上回るために周囲の大学も切磋琢磨し、自然とレベルが上がっていく。そして、そのハイレベルな関東勢を倒すことを目標に、福岡大や大阪体育大、新潟医療福祉大など地方の強豪が日々のトレーニングやスカウト活動に力を入れる。こうやって、大学サッカーのレベル向上の好循環が回っていくのだ。

そんな大学サッカーで、年間を通して公式戦という真剣勝負を経験できるメリットは大きい。18歳でプロ入りし、1年目から主力としてフルにJリーグなどの公式戦を戦える高卒ルーキーは少なく、それに比べれば大学のほうが入学初年度から主力として試合に絡める可能性は高い。

もちろん、高卒でプロの世界に飛び込み、練習をすることで成長する部分もあるかもしれないが、筆者個人としては、どれだけ真剣勝負の舞台で力を発揮できるかが、選手のその後の成長を左右すると考えている。高卒でプロとなり、3、4年目までを練習試合メインで過ごすのか、同世代のプロ予備軍が集まる集団の中で公式戦を消化するのか――。両者で得られる結果は全く違うものになるだろう。事実、U-21日本代表とU-21大学選抜が試合をして、後者が勝つことは珍しくない。

真剣勝負の公式戦を重ねて得られる“キワ”の感覚や経験値は大きいのだ。また、大学ではサブ組のIリーグもあれば、1年生チームを各地域のリーグにおいて社会人チームと競わせる場もある。実戦経験の豊富さが、プロ入り後の活躍につながっていることは間違いない。

ハイレベルな環境に加えて、もう1つ大きいのが心身の成長である。高校卒業時点でプロ入りが叶わなかった選手が、大学入学後に直面するのがフィジカルの差だ。前述のように、関東1部に所属するチームではプレッシャーの速さや球際の攻防における強度が、高校時代のそれとは比にならず、練習参加時に面くらい、自信を失う選手が多数いる。

※以下リンク先で


続きを読む
Source: Samurai GOAL

関連キーワード
  • サッカー韓国代表チームを去るベント監督が放った衝撃発言「彼らにとって重要なのは金」
  • 日本のベスト8進出は、やはり難関だった?英紙「4年前よりもいいチームだが…」 欧州&南米勢が席巻の現実 
  • 【日本代表】久保建英の一言に報道陣震撼!?「僕が一番良かった!」
  • 名古屋グランパスが鹿島アントラーズMF和泉竜司を完全移籍で獲得と発表 「僕の中でやっぱりグランパスは特別なクラブです」
  • 【サッカーW杯】日本は9位 敗退国では最上位、アジアの中でもトップ
  • 【悲報】韓国サッカー代表、メンヘラ化「俺たちは日本に及ばない」wwww
おすすめの記事
競馬の注目の話題
◇ *2022年7月11日現在 1ドル135円で計算 円安の今がお得!! オンラインカジノ入金不要!登録だけでボーナスGETサイト紹介中...